院長挨拶

ハイライフ大阪梅田歯科医院の院長松田謙一です。
これまで大学病院で長く培った技術と知識を生かして、全力で良い義歯を提供することで、患者さんの口腔健康の向上に真剣に取り組みたいと思っています。
義歯治療の歴史は長く、様々な手法や材料が考え出されているものの、現在でも歯科医師にとって習得の難しい分野の1つだと言われています。また、大学での教育だけでは十分な修練ができない場合が多く、卒業後に専門的に学ばなければ本当に良い義歯を製作するのはとても難しいことだと考えられます。
一方で、患者さんにとって、義歯は食事を中心とした口腔機能に非常に大切な装置です。そのため、少しでも良い義歯を製作することは豊かな人生を創造することに直結していると言っても過言ではありません。時間や技術を惜しむことなく、全力で取り組める環境で患者さん一人ひとりのお口に合った義歯治療を提供させていただきます。

院長:松田謙一 略歴

2003年3月 大阪大学歯学部卒業
2007年3月 大阪大学大学院歯学研究科 修了 学位取得(歯学博士)
2007年4月 大阪大学大学院歯学部附属病院 第二補綴科 医員
2008年9月 公益社団法人日本補綴歯科学会 専門医取得
2009年1月 大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能再建学講座 助教
2016年9月 公益社団法人日本口腔インプラント学会 専修医取得
2017年4月 一般社団法人日本老年歯科医学会 認定医取得
2019年1月 公益社団法人日本補綴歯科学会 指導医取得
2019年4月 大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能再建学講座 臨床講師
2019年9月 医療法人社団ハイライフ 大阪梅田歯科医院 院長就任

所属学会・資格・役職など

日本補綴歯科医学会 代議員・専門医・指導医
日本老年歯科医学会 認定医
日本口腔インプラント学会 専修医
IADR (International Association for Dental Research)
ICP (International College of Prosthodontists)

講師実績

松風夏期講習デンチャーコース 2010〜2011
ジーシー・クリニカルベーシックセミナー 2012〜2014
Ivoclar Vivadent社 BPSクリニカルインストラクター 2012年〜

主な講演実績(2017〜抜粋)

1.『全部床義歯臨床における 術前・術後評価の重要性』
第23回日本歯科医学会シンポジウム, 2016, 福岡
2.『全部床義歯製作にBPSを取り入れるメリット』
第2回補綴歯科臨床研鑽会 プロソ’16, 2016, 東京
3.『全部床義歯における難症例についての考察と対応』
第126回日本補綴歯科学会学術大会 臨床リレーセッション, 2017, 横浜
4.『全部床義歯臨床のプライオリティ,全部床義歯はなぜ難しいのかを理解する』
第493回大阪大学歯学部同窓会臨床談話会, 2017, 大阪
5.『BPS: a systematic clinical approach for edentulous patients』
第3回BPSシンポジウム, 2017, ソウル
6.『総義歯臨床ステップアップ〜かかりつけ歯科医師が知っておくべき重要ポイント〜』
第5回滋賀県歯科学術シンポジウム, 2018, 大津

主な著書・論文

1. 全部床義歯臨床のビブリオグラフィー 全25回連載,月刊歯科技工 医歯薬出版社, 2015〜2016
2.特別企画 若手補綴医に訊く 総義歯印象が上手くなる~知識と臨床のポイント,歯界展望 128(6): 1144-1144, 2016
3.無歯顎患者への戦略的補綴介入.インプラントオーバーデンチャーと全部床義歯. デンタルダイヤモンド 42(12): 21-49, 2017
4.全部床義歯のClinical & Educational Question. 歯界展望 130(4): 625-641, 2017
5.現義歯から読み解く新義歯への手がかり.全12回連載, 歯界展望131(1):80-84, 2018
6.患者説明で変える総義歯臨床. 全6回連載, The Quintessence. 37(1): 164-172, 2018
7.総義歯知識メインテナンス.全12回連載予定 デンタルハイジーン 39(2): 208-209, 2019
8. CTデータを全部床義歯臨床へ活かす.前編 CTデータから得られる,全部床義歯製作に有用な情報.歯界展望 133(2): 256-263, 2019

主な国際論文

1. Matsuda K, Miyashita Y, Ikebe K, Enoki K, Kurushima Y, Mihara Y, Maeda Y(2014). Overeruption of teeth opposing removable partial dentures: a preliminary study. Int J Prosthodont. 27(5): 475-6.
2. Kurushima Y, Matsuda K, Ikebe K, Enoki K, Mihara Y, Maeda Y (2015). Does case severity make a difference in clinical improvement following complete denture treatment? Int J Prosthodont. 28(2): 161-6.
3. Kurushima Y, Ikebe K, Matsuda K, Enoki K, Ogata S, Yamashita M (2015). Influence of genetic and environmental factors on oral diseases and function in aged twins. Journal of Oral Rehabilitation. 42(1): 49-56.
4. Matsuda K, Kurushima Y, Enoki K, Ikebe K, Maeda Y (2014). Replacement of a mandibular implant-fixed prosthesis with an implant-supported overdenture to improve maintenance and care. J Prosthodont Res. 58(2): 132-6.
5. Matsuda K, Kurushima Y, Maeda Y, Enoki K, Mihara Y, Ikebe K (2015). Crossover trial for comparing the biofunctional prosthetic system with conventional procedures Eur J Prosthodont. 3(3): 64-70.
6. Matsuda K, Enoki K, Kurushima Y, Mihara Y, Hatta K, Ikebe K, Maeda Y (2016). A questionnaire survey on denture esthetics and denture base characterization. J Prosthodont Res 60:224-226.
7. Mihara Y,Matsuda K,Ikebe K,Hatta K,Fukutake M,Enoki K,Ogawa T et al. (2018). Association of handgrip strength with various oral functions in 82- to 84-year-old community-dwelling Japanese. Gerodontology. 2018 May 15. doi: 10.1111/ger.12341.
8.Mihara Y, Matsuda KI, Hatta K, Gondo Y, Masui Y, Nakagawa T, Kamide K, Ishizaki T, Arai Y, Maeda Y, Ikebe K.(2018) Relationship between gerotranscendence and oral health-related quality of life. J Oral Rehabil. 2018 Oct;45(10):805-809.

榎木香織 歯科医師

2007年3月 大阪大学歯学部卒業
2008年3月 大阪大学歯学部附属病院研修終了
2012年3月 大阪大学大学院歯学研究科 修了 学位取得(歯学博士)
2012年4月 大阪大学歯学部附属病院 第二補綴科 医員
2016年4月 公益社団法人日本補綴歯科学会 専門医取得
2017年4月 一般社団法人日本老年歯科医学会 認定医取得
2019年4月 大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能再建学講座 招聘教員

所属学会・資格・役職など

日本補綴歯科医学会 専門医
日本老年歯科医学会 認定医

主な国際論文

1. Enoki K, Ikebe K, Matsuda K, Yoshida M, Maeda Y, Thomson WM (2013).
Determinants of change in oral health-related quality of life over 7 years among older Japanese. J Oral Rehabilitation. 40(4): 252-7.
2. Enoki K, Matsuda K, Ikebe K, Murai S, Yoshida M, Maeda Y, Thomson WM (2014). Influence of xerostomia on oral health-related quality of life in the elderly: a 5-year longitudinal study. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 117(6): 716-21.
3. Kurushima Y, Matsuda K, Enoki K, Ikebe K, Maeda Y(2015). Does case severity make a difference to clinical improvement following complete denture treatment?
Int J Prosthodont. 28(2): 161-6.
4. Matsuda K, Enoki K, Kurushima Y, Mihara Y, Hatta K, Ikebe K, Maeda Y(2016). A questionnaire survey on denture esthetics and denture base characterization. J Pristhodont Res. 60(3):224-6.
5. Mihara Y, Matsuda K, Ikebe K, Hatta K, Fukutake M, Enoki K et al. (2018). Association of handgrip strength with various oral functions in 82- to 84-year-old community-dwelling Japanese. Gerodontology. doi: 10.1111/ger.12341.
6. Fukutake M, Ikebe K, Okubo H, Matsuda KI, Enoki K, Inomata C et al. (2019. Relationship between oral stereognostic ability and dietary intake in older Japanese adults with complete dentures. J Prosthodont Res. 63(1): 105-109.

大竹裕之 歯科技工士

2002年3月 岐阜県立衛生専門学校卒業
2002年4月 大阪大学歯学部附属病院歯科技工研修開始 
2004年3月 大阪大学歯学部附属病院歯科技工研修修了
2004年3月 大阪大学歯学部附属病院就職
2010年12月 イボクラーBPS認定講習修了
2011年4月 大阪セラミックトレーニングセンター週末コース卒業
2012年2月 大阪sjcdテクニシャンコース修了
2013年7月 BPSエステティックデンチャーカラーリングコース修了
2018年3月 松風 中野道場 キャストパーシャルクリエイトコース修了

所属学会・資格・役職など

BPS認定歯科技工士

講師実績

2017〜2018年 イボクラー デンチャーキャラクタライゼーションコース大阪